会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

導入事例

全国1,600会計事務所が導入

お客様の将来を共に考える「決算診断士」

S会計事務所 所長税理士 (ユーザー歴15年)

最近ではコロナ禍の影響もあり、将来について見つめ直される経営者が増えており、遺言信託や生命保険など資産承継に関するご相談が増えています。また、後継者へのバトンタッチが早まるケースもあります。その際、決算診断システムで強みと弱みを明確にして、事業計画システムで設備計画や資金計画を行う中で、株式の移動や今後の経営承継についても相談に応じる場面があります。

デジタル化が進んでも、大切な事は直接会って相談し、アドバイスを得たいというニーズがなくなることはありません。「決算診断士」として、お客様の課題解決に必要な知識と対話力を高める事は継続して行きます。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫