会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

導入事例

全国1,600会計事務所が導入

初めてリモートで決算報告を行いました

Y会計事務所 会計監査担当(ユーザー歴2年)

親会社の方針で、対面での打合せは極力控えるよう言われている顧問先で、初めて「リモート報告会」を行いました。説明する決算診断提案書を「帳票選択」でPDFにして準備。約1時間の設定で顧問先社長に説明を行いました。社長の反応がうまくつかめず、一方的な説明になってしまった反省はありますが、今までとは違ってポイントが絞れた報告が出来たと思っています。

それは、「決算診断実践会の会員専用サイト」の勉強会ツール「決算書の見方、活用術&資金繰りのコツ」から資料を引用して、所内教育ツールの「報告会のストーリー予定書」や「決算診断書の理解と使い方」を参考にして、当日の報告シナリオを作成したことが良かったと思います。

リモートでの報告会は対面と違って提供する資料が重要だと思います。次回は更に、決算診断提案書のプレゼンテーション機能の活用と付属資料を工夫して準備したいと思います。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫