会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

導入事例

全国1,600会計事務所が導入

資金繰り相談で頼られる「決算診断士」

H会計事務所 会計監査部 部長(ユーザー歴18年)

新型コロナウイルス禍に苦しむ中小企業の資金繰りが、新たなハードルに直面しています。夏場にかけて急増した銀行融資が、年が明けると返済が始まり、多くの中小企業が短期の借り換えで資金をつながざるを得ない状況が迫っています。業績の回復が見込まれている企業は、追加融資や長期融資に振り替えた上で返済計画を立てたりできます。しかし、先行き不透明な企業は無利子融資でその場をしのいだ企業も、据え置き期間が終わると二重の返済負担がのしかかります。そのような顧問先には、決算診断システムで「資金不足を生じない売上高」を明確にして、事業計画で資金繰り計画(返済計画)の策定を行っています。

手順としては簡単です!

  1. 決算診断提案書を作成します。
  2. 必要売上高の条件設定で借入返済金額を入力すると「収支分岐点売上高」が出ます。
  3. 事業計画システムで、売上を「収支分岐点売上高」に設定して経費などは昨年の実績にします。
  4. 新規借入・返済計画を設定します。
  5. 「資金繰り計画表」を確認しながら、今後の対策を社長と共に検討します。

とにかく、資金ショートする前に早めに対策が打てることが重要です。
厳しい状況下ではありますが、社長から頼りにされていることを実感しています。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫