会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

導入事例

全国1,600会計事務所が導入

会計事務所の品質は、決算事前対策に差が出る!

経営者の不満として、まだまだ決算対策の不十分さは多いようです。決算が終わってから何百万円の納税になります!と急に言われても・・・などなど顧問先との関係が崩れる瞬間です。

どこの会計事務所でも経営者との話しこみが一番必要になるのは、決算事前対策の時ではないでしょうか。

当事務所では、社長の四季の「決算事前提案書」を黒字企業だけでなく、赤字企業にも有効に活用しています。決算の2ヶ月前に実績の把握と残期間の予想を顧問先に訪問した際、社長に必ずインタビューしてきます。前年対比や目標対比から売上・経費予想をインプットし、「決算事前提案書」を作成するのです。

社長に予想利益や予想納税、設備投資や資金繰り対策など一番コミュニケーションが取れ、頼りにされる瞬間です。決算事前対策は、社長の意思が反映されます。社長の考えを数値化・文章化した結果を後日、「決算事前提案書」として提供します。決算事前対策を有料化している事務所は少ないと聞いていますが、当社では顧問料の1月分を頂いています。

jisen3.png

「決算事前提案書」という商品は、税理士の最大の武器。提案書として作成するところに良さがあると思います。繁忙期に重なる3月決算法人にもしっかり顧問先社長と膝をつき合せて、納得のいく決算を迎えて頂きます。更に来期の展望をお聞かせ頂くことで、事業計画書の策定につなげています。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫