会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

導入事例

全国1,600会計事務所が導入

決算診断の徹底が事業計画推進につながる!

「社長の四季」「事業計画」を積極的に活用することによって、お客様の満足度アップ・事務所の付加価値収入につなげている事例をご紹介します。
当事務所は、平成24年11月5日(月)に経営革新等支援機関として第1号認定を受け、経営力強化支援法に基づく支援業務を開始しました。具体的な支援として、決算分析、事業計画の策定、月次提案、4半期ごとの行動チェックを事務所の標準サービスとして、位置づけています。

「社長の四季」の活用

決算診断提案書

決算診断提案書は基本的に全法人顧問先に提供(決算監査報酬に含む)しています。決算業務に組み込み、決算診断のデータが入力されないと決算業務が進まないような仕組みにしています。担当者の業務負担も考え、データ入力を分業化も図っています。
全法人顧問先に提供する意図としては、他の事務所との差別化を図るための目的と決算診断の報告会を「事業計画」の営業の場面としているということがあります。決算診断で現状の課題を明確にし、業績アップシミュレーションで今期の目標利益や必要売上高を確認して事業計画へとつなげます。

月次経営提案書

使用する目的は、以下の2点です。

「事業計画」の展開

事業計画策定支援

事業計画管理支援

事業計画策定支援のアプローチ方法

  1. 経営者と一緒になって計画を作り上げる
    このようにすることで、経営者自身に事業 計画に対する思い入れが生まれて、計画に対する実績に関心が湧くようになります。そして、事業計画管理支援(策定後のフォロー)の受注に結びつけることができます。
  2. プロジェクターを使って画面を見ながら計画を作り上げていく。数値を変化させたりするなど、シミュレーションがリアルタイムにできるので確認しながら作成できます。そこでコミュニケーションが生まれ、信頼関係も深まっていきます。事業計画書という「物」ではなく、一緒に考えながら作るという「事」に付加価値を見出して頂けます。

計画策定支援の実例

jigyou_shikin.png

計画策定後のフォロー

計画策定後には、毎月経営会議に参加して予実と今後の対策を検討します。その際に、期中決算提案書を使用しています。数字のチェックだけでは物足りなさがありますので、行動計画のチェックもできることが期中決算提案書のポイントです。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫