会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

決算診断コラム

会計事務所経営・企業経営のお役立ちコラム

世間の学校
数字は語る(気になる数字、数字を通して社会を見る)「8 万世帯」

日本経済の低迷、停滞が長く続いている。失われた 20 年、30 年とは、殆ど経済が成長せず、従って国民の
所得も増えていないことを意味する。この背景には、「お金」が動いていないことにあるようだ。

何故お金は動かないのか。買うもの、買いたいものがなくなってしまったのか。企業が買いたいと思われ
るものを提供できないのか。稼いだお金が貯蓄に回り、それが投資や消費に行かないからといわれている。

老後資金の 2000 万円問題で、そんなに貯蓄はないとして、不安が問題となっている。一体誰がそんなに貯蓄
しているのか。所得格差、資産格差で大金持ちは結構いるものだ。

野村総合研究所によると、国内で預貯金や株式等の金融資産から負債を差し引いた「純金融資産」が 5 億
円以上ある人々は超富裕層として、日本国内でも 8 万世帯を超えるという。日本の大金持ち達も、もっと財
産を殖やしたいと思っても、この低金利下では、難しい。

ここに着目したアメリカの投資ファンドが富裕層をターゲットとして資金募集を始めるという。しかし、経済
低迷の問題は貯蓄が消費や投資に回らないことにあるとするならば、フローとしての所得再分配だけでなく、
ストックとしての資産再分配も必要かもしれない。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫