会計事務所/税理士のための決算診断システム「社長の四季」

株式会社プロス/社長の四季

決算診断コラム

会計事務所経営・企業経営のお役立ちコラム

世間の学校
人を読む(キーパーソン、気になる人、この人を見よ) 「西内 啓(にしうち ひろむ)」

大ベストセラーとなった「統計学が最強の学問である」の著者でもある、1981 年生まれで神戸市出身の統
計専門家。東京大学医学部卒(生物統計学専攻)。経営に携わる人々にとって数字は不可欠。しかし、統計学
となると尻込みしがち。しかし、そんな統計学を身近な学問として普及させた功績は大きい。

この本は、シリーズ累計 40 万部を超え、硬派の本としては、異例。「ビッグデータ」や、「データサイエン
ティスト」が大流行の今日。統計学を最強の学問にした第一人者ともいえる。医学の世界においては、医師
と患者という 1 対 1 の関係で論じられることが多いが、感染症の世界では多数の命をどう救うかがポイント。

新型コロナにおいては全てのデータが統計学手法によって解析されている。考えてみれば、世の中のデータ
は殆ど統計学のたまもの。統計学を知らずして世の中のことを語るなかれといわれるゆえんでもある。ハー
バード大学のメディカルスクールで、使われている教科書の冒頭には、こんなことが書いてあるという。

「1930年、H.G.ウエルズ(サイエンスフィクション[SF]の第一人者で、タイムマシンや透明人間などで有名)は、
将来、統計学的思考が読み書きと同じように、よき社会人として必須の能力になる日が来る」と予言した。
これからの時代、エビデンスに基づく判断として統計データの利用は不可欠。西内先生の本はもはや手放せ
ない。

決算診断システムを
ご検討中の会計事務所様へ

決算診断システム『社長の四季』を、経営分析・付加価値向上・顧問先拡大にご活用下さい。

会計事務所必読!資料ダウンロード「経営分析の視点と活用」

お問い合わせ

資料ダウンロード

「決算診断」は幸せを呼ぶ“ 三方よし”

三方よし/お客様よし・事務所よし・世間よし
  • 決算には社長の人間ドラマがある ─ 数字と心はつながっている
  • 社長の四季決算診断システム ─ 決算診断は会社のすべてを物語る
  • 決算診断は幸せを呼ぶ三方よし ─ お客様よし、事務所よし、世間よし
  • 決算診断は会社の健康診断 ─ 社長が一番知りたいのは診断結果
  • 会計事務所の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができること
  • アナログ力は重要、数字と心をつなげることは付加価値につながる

浅沼経営センターグループ
取締役会長
浅沼邦夫