決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » ユーザー事例:新規獲得 » 決算診断から事業計画を積極的にアプローチ!

決算診断から事業計画を積極的にアプローチ!

ユーザー事例発表の中から、「社長の四季」「事業計画」を積極的に活用することによって、お客様の満足度アップ・事務所の付加価値収入につなげている事例をご紹介します。

◆「社長の四季」の具体的な活用方法

<決算診断提案書の作成>
 決算報告会に使用する資料としては、
 ・決算報告書
 ・比較貸借対照表、比較損益計算書
 ・売上高、売上総利益等のカラー棒グラフ
 ・「社長の四季」決算診断提案書
 作成及び説明は全て所長が行っております。

提供先は、Aランク~Cランクまでで、Aランクの会社には全ページ出力して提供します。
 以下のランクの会社には作成しません。
Dランク(年商1千万円未満)
Eランク(設立2期目)
Fランク(年一決算)など

< 決算診断提案書の説明方法>
 説明する項目としては、
 ①『総合診断』「総合得点」「6要素からみた強み・弱み」
 ②『6要素診断』「6要素からみた傾向」
 ③『キャッシュフロー』※必ず説明
 ④『決算診断データ』※必ず説明
 ⑤『会社存続のための売上・利益』(最重要)
  「資金不足を生じないための売上高」「今回決算と分岐売上高の比較検討」
 ※「提案ガイドライン」の標準に満たない項目を参照

20110201_01.gif

☆前期と『総合診断』の「総合得点」の部分がほとんど変化のない場合
 ①『キャッシュフロー』
 ②『決算診断データ』
 ③『会社存続のための売上・利益』
  「資金不足を生じないための売上高」
  「今回決算と分岐売上高の比較検討」

◆事業計画書の作成について
 <「社長の四季」からのアプローチ方法>
 『会社存続のための売上・利益』
 「資金不足を生じないための売上高」
 「今回決算の分岐売上高の比較検討」
 この資料から「事業計画を作成しませんか?」と経営者に問いかける。
 決算診断は無料で提供していますが、事業計画書作成は有料だとはっきり伝える。
 ※金額は月5万円(年間60万円)
 ※費用的に難しい場合は四半期決算ごとで年間20万円

20110201_02.gif

 <事業計画書作成及び説明>
 ・設備投資をする会社は特に効果あり(事前に情報収集をしておく)
 ・月次の監査(通常は担当者が訪問)以外に、事業計画書の資料を所長が経営者に直接訪問・説明すること伝える

 < 事業計画書を導入して変わった事>
 ①「予算・実績」対比を行うので、月次試算表を早く作成するように変化
 ②月次試算表を早く作成するために自計化が進んだ
 ③月次試算表の意味合いを経営者が理解できるようになった
 ④経営者と一緒に、毎月、月次試算表(過去会計)と予測表(未来会計)の会話ができるようになった
 ⑤事業計画書を作成している会社は決算及び申告も早い
 ⑥未来会計(事業計画)の部分で報酬をいただけるようになった