決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » ユーザー対談 » 「社長の四季」ユーザー対談 vol.7: 古川一紀先生(福島県郡山市)

「社長の四季」ユーザー対談 vol.7: 古川一紀先生(福島県郡山市)

株式会社古川会計事務所     株式会社プロス
 所長 古川一紀先生   ×   専務取締役 小手森幸雄


中小企業経営者へのお役立ちを考える!


furukawa-1.jpg

福島県郡山市で長年「社長の四季」を活用いただいております、株式会社古川会計事務所の所長古川一紀先生と、ご子息である古川寛先生のお二方に、事務所の現状と今後の展望、「社長の四季」の活用についてお話を伺いました。

小手森-早速ですが、「社長の四季」を導入した経緯からお聞かせいただけますか。
古川一-私が独立した時、7件の顧問先からスタートしたのですが、当時は本当に小規模なお客様だけでした。時が経つにつれて顧問先も成長し、規模が大きくなってくると税務だけでは満足しなくなります。私自身も以前から税務会計だけではお客様のためにはならないとずっと思っておりましたので、やはり経営計画のようなものが必要だと考え、そのための診断ツールとして導入を決断しました。
小手森-古川先生の事務所では長年「社長の四季」をお使いいただいておりますが、現在、決算診断についてはどのような活用をしていらっしゃいますか。
古川一-以前は決算の時に事務所へお越しいただいて私を中心にして決算診断報告会を開催しておりましたが、現在は担当者がお客様のところに出向いて行って、決算診断の報告をするようになっています。そのために、事務所内で説明のロールプレイングなども実施して担当者のレベルアップをしてきました。
当事務所では決算診断提案書報告後にお客様にアンケートを実施しておりまして、決算の内容や分析についての項目はご理解いただいて点数も高いのですが、「今後の方向性や展望について」という項目は点数が低いのが現状です。事務所としてはそこから事業計画策定支援などにつなげていきたいのですが、担当者の説明が足りないのか、先行き不透明な時代ということもあってか、あまりそこから先へ踏み込めないというのが現状の課題だと思います。
小手森-顧問先には全て担当者の方が決算診断報告会を行なっているということですね。
古川一-そうです。決算書がまとまった時点で決算診断提案書を作成してご説明に伺っています。
小手森-寛先生も社長の四季をお使いいただいて、お客様の反応などはいかがですか。
古川寛-私のほうでは、ご提案する先を選別して実施しています。比較的規模の大きなお客様などは事業計画や経営改善の必要性を感じていただいておりますので、非常に喜ばれます。ただ、毎年売上げが決まってしまっているような会社や、比較的小規模の会社などは難しい面もありますね。
小手森-決算診断を実施する上で、料金のご請求をされていますか。
古川一-料金はいただいていません。導入当初は3万円いただいて実施しましたが、その後は決算料込みで実施しています。その分若干決算料を高めに設定しています。
小手森-開業当初から順調にお客様を増やされていらっしゃいますが、現在、新規獲得のための活動は何かされていますか。
古川一-現在は特に新規獲得のためのセミナーなどはやっていないですね。以前はプロスから提供していただいた事務所名入り小冊子を活用して所員が講師として勉強会を実施したこともありました。今後も実施していきたいとは思っていますが、なかなか通常業務に追われてしまっているという状況です。
小手森-そうすると、新規獲得としてはご紹介が多いということでしょうか。
古川一-件数はそれほど多くはないですが、ほとんどが紹介ですね。担当者がお客様のつながりから新規の開拓をしてきてくれます。どうしても倒産や廃業などで毎年顧問先は減っていきますので、その分はご紹介いただいて件数を維持しているくらいです。ただし、収入は毎年少しずつですが増えています。

furukawa-2.jpg

小手森-単価が上がっているということですか。
古川一-単価もほとんど変わりはないと思いますが、周辺業務で報酬をいただくことが増えてきています。
小手森-今回、決算診断実践会の会員の皆様に対して、担当者ごとに担当顧問先への年間提供サービスや収入計画を策定して、事務所の収入計画を策定するための「会計事務所経営計画システム」をご提供させていただきましたが、これについてはいかがですか。
古川一-以前は事務所自体の計画を作るのに1泊2日で合宿をしたこともありましたが、今は全体の目標を私が提示して、各担当者に落とし込んでいます。「会計事務所経営計画システム」はまだ使用していないのですが、より具体的な事務所の計画にするために是非使ってみたいと思います。今後は事務所の方向性は次の代にシフトしていくことが必要ですね。
小手森-そういった面でも、会員専用サイトではその他様々なツールも用意していますので、是非ご利用いただきご意見をいただければと思います。
古川寛-そうですね、「社長の四季」を有効に活用するために利用させていただきます。
小手森-プロスに対して、商品や提供サービス、対応など、ご要望などがあればお伺いしたいのですが、いかがですか。
古川一-現時点では特に要望というのはないですが、今後も「社長の四季」を活用していく中でいろいろな情報や提案をいただければと思います。
小手森-事務所経営のお役に立つために様々なフォローをさせていただきますので、今後ともよろしくお願いします。本日は、ご多忙の中、時間を割いていただきまして、ありがとうございました。