決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » ユーザー対談 » 「社長の四季」ユーザー対談 vol.2: 榎本恵一先生(東京都墨田区)

「社長の四季」ユーザー対談 vol.2: 榎本恵一先生(東京都墨田区)

榎本税務会計事務所          株式会社プロス
 所長 榎本恵一先生      ×   専務取締役 小手森幸雄


東京の下町から日本再生を願う!


enomoto002.JPG

2回目となる「社長の四季」ユーザー対談。
今回は、東京の下町、両国にて親子2代にわたり中小企業経営者を支援している榎本恵一先生に、現在の事務所の状況や様々な取組みについてお聞きしました。


小手森-早速ですが、「社長の四季」との出会いについてお聞かせいただけますか?

榎 本-7年ほど前、あるセミナーで知ったことがキッカケです。ちょうどその頃、忙しい社長に決算をどう説明したら良いか模索しており、決算の提供資料を探していたのです。「社長の四季」はカラフルで図やグラフが非常に多く、担当者でも使えるという印象でした。私は良いものは即決、悩まない性格なので、すぐに導入を決断しました。まさにタイミングですね。

小手森-現在の「社長の四季」の活用状況はいかがですか?

榎 本-もちろん全顧問先に決算が終われば決算診断提案書を提供しています。決算事前提案や事業計画も多くのお客様に提供しています。

小手森-「社長の四季」を導入される前と現在とでは、事務所の状況など変化した点はありますか?

榎 本-初めのうちはただ提供するだけでもインパクトが大きかったですね。ただしそれだけでは年々間延びしてきますので、提案の工夫が必要です。また、新しいツールを出していくことも必要ですね。そこで事業計画や社長診断、今回のバージョンアップで追加された月次経営提案もポイントです。

小手森-担当者の方の評価、感想などはいかがですか?

榎 本-お客様に説明する資料が簡単に出来ますので、特に他の事務所経験がある担当者にとっては、前の事務所ではこのようなツールが何もなかったと言って評価していますね。導入当初からの担当者は使うことが当たり前になっているので、あらためて評価というのはないですが、必要不可欠なツールと思っているでしょう。仮に他の事務所に転職したとしたら困るだろうと思いますよ。

小手森-先日の経営方針発表会でも今年度の方針として「社長の四季」年間提供サイクルをご説明されていましたね。

榎 本-毎年新しいことを取り入れていかなければならないという意識はありますね。今回のバージョンアップで「社長の四季」のサイクルが充実してきましたので、事務所としては積極的に実施していこうと考えています。お客様に宣言することで、やらざるを得ないという環境をつくるということもあります。

小手森-経営方針発表会でもご紹介されていましたが、今回ホームページを新しくされますよね。どのようなところがポイントでしょうか。

enomoto001.JPG

榎 本-今回のホームページはお客様の声を入れたことと、それに対して担当者のコメントを入れるようにしてあります。これはプロスさんの案内などからヒントを得たものです。

小手森-話は変わりますが、榎本先生は私どもプロスが主催しているリーダーシップ養成塾「藤原塾」の第1期卒業生ですが、参加される前と後で変化はありましたか?

榎 本-同じ世代で、同じ境遇や悩みを持った先生方と出会えて、自分自身も事務所の強みや弱みを発表して藤原先生からもアドバイスをいただきました。勉強だけでなく交流会などもあり、私としては充実したものでした。開催途中で、このままで終わっては勿体ないと感じて、第1期の皆で何かしようと相談し、その後の活動に続いていきました。

小手森-ヨコ型リーダーシップを学んで、それを実践されましたよね。派生して「経営コーチ」というところに発展していますが、この発想はどのようなところからきたのでしょうか?

榎 本-今でこそヨコ型リーダーシップと言っていますが、当時はそのような意識はありませんでした。第1期卒業生の事務所を訪問して親交を更に深めていきましたが、ただ楽しかったという感覚ですね。皆で楽しみながらやってきたことが結果として今につながっていると思います。

小手森-決算診断実践会の会員は、地域に貢献したいと思っている方が多いと思いますが、そういった方々に、リーダーシップの講座の内容に賛同いただいて参加するとすれば、どういったことを考えて参加すればよいか、アドバイスがあればお願いします。

榎 本-日本の経済が良いときに生まれて活動された方もいれば、悪いときに社会に出て、後に良くなったという方もいる。また、全く良いときを知らないという方もいます。そして今は閉塞感のある時代の中で、地方ではシャッターが閉まっている。これから2010年という新しい時代の第一歩として、皆でシャッターを開けようという活動をしていこう。そのためには少なくとも3年はかかると思います。まずは種まきから始めることが大切です。自分が地域に対して何ができるかを考えていただきたいし、それはその地域の先生しかできないと思います。

小手森-そういった良き考えを学べるのがリーダーシップということですね。プロスも会計業界の中でこのような活動をしてきましたが、榎本先生から見て、プロスに対しての要望があればお願いしたいのですが。

榎 本-全国各地域にプロスのファンができることが将来的なイメージだと思います。それには原点である浅沼代表のブレない理念を今後も進められるといいですね。

小手森-榎本先生、本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。