決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » ユーザー事例:人材育成 » 勉強会モデルで会計担当者のレベルアップと顧問先満足を同時に実現!

勉強会モデルで会計担当者のレベルアップと顧問先満足を同時に実現!

会計事務所の強みを活かし、顧問先のお役に立てる展開として「経理塾」があります。顧問先の経理担当者に経理指導を通じて関係強化を図ることは、経理実務のレベルアップと共にお客様との「絆」を作る絶好のチャンスだと思います。
私たちの事務所では、決算診断実践会の提供サービス「よくわかる経理塾」を活用して、事務所の存在価値を全員で高めています。
「経理塾」のテキストは、職員の経理力を活かして「いきいきと得意分野の経理を経理担当者に教える」視点で作られていて、会計担当者が講師役になれるように作られています。

【第1講】 経理の基本
1.まずは知ってほしい経理とは何か?
2.お金はどんな時に動く?その理由
3.売上・仕入・在庫・売掛金の関連性
4.コスト削減の方法
【第2講】 経営の実務
1.「利益」はどこから出てくるのか?
2.資金繰りに困らないこと。
3.毎月の試算表で会社の業績を確認する。
【第3講】 経理の応用
1.会社経営の成果が決算になる。
2.目標づくりを考える。目標が会社を変えていく。
3.経理は経営のチェック機能である。
4.優良会社をつくるための経理業務の役割

keiripanfu.png
顧問先社長の奥様方は「もっと経理を知りたい」「だけど担当者に聞きづらい」と思っています。そこで奥様方を「奥様経理塾」にお誘いしてお友達(顧問先外)をこの勉強会に連れて来ていただいています。「お客様に喜ばれ」「新しいお客様も紹介いただける」というこの2つを同時に実現する仕組みは、会計担当者のレベルアップにもつながり、事務所の最適な商品として継続開催をして行きます。