決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » ユーザー事例:顧客満足 » 『診断と計画』を武器に新規獲得!顧問先満足!:有限会社エス・エー・シー

『診断と計画』を武器に新規獲得!顧問先満足!:有限会社エス・エー・シー

seo.jpg 有限会社エス・エー・シー
  瀬尾 暁史 氏(広島県)

1.『社長の四季』を導入した動機

・顧問先、会計事務所の世代交代
・顧問報酬と業務コストの関係
顧問先の世代交代を危機と捉え、顧問先減少と顧問報酬維持を考えたときに、新たな付加価値商品の必要性を検討。また、比較的高い報酬をいただいている上得意様に逃げられないようなサービスも必要。
「社長の四季」との出会いは、平成9年に池袋で開催された会計フェアで始めて目にして、"面白そう"という第一印象で導入を決意した。

2.『社長の四季』の活用状況

(1)導入後の状況
導入してみたものの、しばらくの間は上得意様のみに提供していた。そのため一部の人間しか使用していない。現場の担当者の気持ちとしては、「また新しもの好きの副所長が・・・」「入力など面倒くさい」「誰かがやってくれれば」など、ほとんど宝の持ち腐れ状態であった。

(2)仕組みの見直し
これではいけないと思い、仕組みの見直しを図った。まずは決算を早めに仕上げることが必要で、決算処理の工程表を作成し、運用を開始。入力は若手社員が対応し、課題選択は担当者が選ぶ。課題には必ず「中期経営計画」を選択し、報告会から経営計画へつなげるようにした。このような仕組みで、ほぼ全顧問先への提供が実現した。

3.導入効果

(1)実践効果として
・お客様の満足度が上がった
・金融機関からの評判が良い
 (3社ほど紹介があった)
・新規顧客の反応が良い
 「前の先生は・・・」「こんなことまで!」

(2)社長に喜ばれる活用
毎年実施している社長には、「今年はどんな診断結果になったと思いますか?」と社長に聞くようにしている。また、決算診断の一部を、顧問先の社内会議のネタとして利用している。
 

4.今後の展開

決算診断をもっともらしく提供しているが、担当者自身が本当に中身を理解しているか。更なる満足度向上のためには、担当者のレベルアップ、課題解決の手段としての経営計画策定支援などの強化を図っていく。

《ポイント》

全員がかかわるような仕組みが必要。
提案書をもとに社長の話を聞くこと。