決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » ユーザー事例:新規獲得 » 短期間で信頼醸成!金融機関への営業アプローチ

短期間で信頼醸成!金融機関への営業アプローチ

顧問先ゼロの税理士が先ず行動することは・・・

独立開業して間もない税理士さんと出会う機会が多く、皆さんどのように営業し、顧問先を獲得しているのですか?・・・という質問を受けることがあります。
 顧問先紹介業者に依頼をかけて、紹介手数料を払い獲得するのが手っ取り早いでしょう。IT技術の発達と共に顧問先紹介サイト業者が数え切れないほど業界を取り巻いています。しかし、トラブルも多いようで、何よりも良い社長と出会えるかは運だめし!と言ったところでしょう。

金融機関にご挨拶に伺いましたか・・

開業してから近くの銀行さんにご挨拶に行きましたか?と質問すると、ほとんどの税理士さんは「えっ銀行ですか・・」「会ってくれますか?」というレスポンスです。地銀・信金の支店長レベルの方は、必ず税理士さんと会っていただけます。
 しかし重要なのは、多くの税理士さんとの違いや信頼のおける税理士さんかどうか、第一印象が重要になります。

それは・・「営業ツール(商品)を持つこと」
1)名刺だけでは、数多い税理士との差別化ができない
2)銀行が喜ぶ提供サービスができる
3)銀行員とのパイプをもつこと

実際に地銀・信金を中心に「決算診断提案書」のサンプルを提供しながら、10数件の銀行を回り、紹介案件を頂いた事例が何人もいらっしゃいます。
 
決算診断提案書は銀行もビックリしますし、銀行が欲しがるほどです。

「決算診断提案書」(定量分析)は、わかりやすく表現していて銀行にも好評です。

「マネージメン・トパワー」(定性分析)特に銀行が知りたいのは定性的な分析です。

金融機関に目を向けて見てはいかがでしょうか。

kessann.png
maneg.png