決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

決算診断システム「社長の四季」 » 決算診断コラム » 決算書は会社を映し出す「鏡」

決算書は会社を映し出す「鏡」

企業経営者は、「リーダーシップ」と「マネジメント」により会社の経営を実行しています。その経営活動の結果が決算です。

決算書に一年間の活動の成果が反映されているのです。

決算書は、税務署、銀行に提出することは勿論、大事なものですが、何より重要なことは、経営者自身が、自社の経営状態を決算書から知ることです。貸借対照表の流動資産の中には、現預金、売掛金、在庫などが記載され、固定資産の中には、土地・建物や機械設備などが表示されています。しかし、そのような財産がお金を生むのではありません。お金を生むのは決算書の中には表示されていないのです。

どのような価値を持った商品を持っているか!どのような素晴らしい技術を持っているか!お客様からの信用・信頼はどの程度か!このようなものが、お金を生む源泉になるのです。新しい商品を作成するのも、技術や開発するのも、お客様と信用・信頼の関係を構築するのも、逆に信用信頼の関係を壊すのも、みな人なのです。人がすべてをつくっていることを忘れてはなりません。

経営は人なりです。その決断は経営者である社長が行います。社長に決断を促がしていく最大の経営情報が「決算書」です。今年の経営計画がどのような結果に終わったのか!「決算診断提案書」により、すべて分かります。6要素診断をよく見ることで分かります。

「決算診断」の重要なことは、「レールを敷く」「目標を決める」「脱線をチェックする」「優先順位を決める」「情報を共有化させる」などが決断されるのです。そこから、目標や事業計画そして、経営方針書が作成されるのです。決算こそ会社(経営者である社長)にとって「重要 な日」なのです。

また、「事前決算」も中小企業にとって重要です。

今まで、次のような経験をされたことはないでしょうか?

決算が確定されてから、

●「思った以上に利益が多かった」 ・・・ これでは、もっと先行投資などすれば良かった!でも遅いよな。
●「思った以上に納税が多かった」 ・・・ これでは、資金繰りがきつくなってしまった。何とか考えればよかった!
●「思いもよらず赤字になってしまった」 ・・・ これでは、金融機関等の経営審査で 評価が低くなってしまい、不安だな。

等々の決算が確定された時に、悩みが多くなる経験をされたことはないでしょうか。そのような悩みを解消されるために事前決算の実行を是非、お勧めします。決算月の3ヶ月ぐらい前に実施するのです。具体的には、「決算事前提案書」を活用して、安心経営の提案受けることをしてみてください。本決算であれ、事前決算であれ、決算書は会社を写し出す「鏡」です。

この機会に、社長の会社の決算書をよく、確認してみてください。