決算診断は最大のビジネスチャンス! 税理士・会計事務所のための決算診断システム「社長の四季」

経営に活かせる価値(バリュー)決算で貢献する「6つの提案」

決算診断一筋に30年。経営に活かせる「決算書」により、社長に納得・満足を高めて、新規顧客獲得、報酬アップ、人材育成を実現する、社長の四季の「6つの機能」をご紹介します。
k_cycle.jpg
▲決算サイクル図

「社長の四季」は、企業の『経営サイクル(PDCA)』を、『決算サイクル』として会計事務所がサポートできる経営サポートシステムです。企業経営者へ一年間の経営活動の目的に合った、6つの提案書により高い満足を実現します。

各提案書とも、年一回の改善により、分析・評価・診断を毎年、時代に合った最新内容で企業経営者へ提案していきます。

30年間決算一筋に研鑽を積んできた経験と専門知識をベースに独自のデータベースを駆使して開発されたシステムです。さらに浅沼経営センターグループ企業として実際の現場で中小企業へ展開しているからこそできる新規獲得・顧客満足・人材育成に関する運用ノウハウも蓄積をしています。

「経営支援型事務所」として最適な提供サービスです!!

経営革新等支援機関へ国が期待する中小企業への支援内容(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/index.htm)は以下の5つです

1)企業に密着した、言わば、ホームドクター的役割

中小企業の抱える多様な経営課題の解決には、まず、現状を把握することから始まり、そこから明らかになった中小企業の経営課題を相談して、対策を立てることが重要です。 きめ細かな経営相談を通じて、財務状況、事業分野ごとの将来性、キャッシュフロー見通し、国外内の市場動向等の経営資源の内容、財務内容その他経営の状況に関する調査・分析からスタートします。

2)認定支援機関が強みを有する専門性の高い支援

経営革新等支援機関は税務、金融及び企業の財務に関する知識や経験を有した、中小企業支援者です。 企業に密着した、きめ細かな経営相談を通じ、経営状況の分析から、経営改善計画等の策定・実行支援を着実に図り、さらには中小企業の成長力を促すといった、経営革新等機関が強みを有する専門性の高い支援を行うことが重要です。

3)継続的なモニタリングとフォローアップ

支援業務を実施した中小企業に対する案件の進捗状況の管理、継続的なモニタンリングの実施、フォローアップを行うといった「コンサルティング機能」を発揮して、中小企業の経営支援の充実を行うことが必要です。

4)更なる支援体制強化のための連携体制の構築

地域全体における中小企業に対する支援機能の質を更に高めるため、経営革新等支援機関同士のネットワーク、外部機関との連携体制を構築することによって、支援体制の強化を図ることが重要です。 また、支援策を日本全国の中小企業に浸透されるとともに、支援策のユーザーの視点に立って、中小企業者の支援策に対する意見を集約するという役割も求められます。

5)新会計制度の普及

「中小企業の会計に関する基本要領」又は「中小企業の会計に関する指針」に拠った信頼性のある計算書類等の作成及び活用の推奨することは、経営力の強化、資金調達力の強化に繋がります。また適時に経営状況を中小企業者が把握することにより、経営者自身が明確なビジョンや経営戦略を主体的に取り組むことも期待されます。


上記が国が認定機関に期待する中小企業支援内容ですが、文章だけでは具体的にどうしていいかは分からないと思います。  「社長の四季」システムは支援内容を具体的に展開する最適な提供サービスなのです。

1)企業に密着した、言わば、ホームドクター的役割は

会社の健康診断を毎年行うことです。「社長の四季」システムに中心である「決算診断」提案書と「マネージメントパワー」提案書によって、ホームドクター的役割を担うことが出来るのです。

2)認定支援機関が強みを有する専門性の高い支援は

経営改善事業計画の支援を言います。「社長の四季」システムの中の「事業計画」は、「決算診断」提案書と「マネージメントパワー」提案書により、会社並びに経営者の考え・思いのもとに経営課題を解決するものなので、改善計画にとっては最適です。

3)継続的なモニタリングとフォローアップは

立案した「事業計画」が着実に実現していくための支援として、「社長の四季」システムでは、毎月の目標・実績の差異分析を行う「月次経営」提案書、四半期ごとの目標・実績状況から対策を講じる「期中決算」提案書、さらに、会計事務所の強みを活かした「決算事前」提案書によるフォローを実現します。

4)更なる支援体制強化のための連携関係の構築は

認定支援機関の支援内容の最適な提供サービス「社長の四季」ユーザー事務所との強固な関係性を高めるための全国統一研修大会を毎年開催しています。

5)新会計制度の普及については

「社長の四季」を活かした勉強会モデルのよくわかる「経理塾」によって各地の企業への普及活動(結果的に新規獲得に成果があります)を行っています。

1.「決算診断」提案書

会社経営は過去歩んできた結果が今現在の会社の姿をつくり、今の会社の経営課題を明確化し、その課題解決を行っていくことで豊かな未来を築いでいくことができるのです。「決算書」を評価・分析・診断することで会社の経営に活かせるのが「決算診断提案書」です。


▲経営状態を定期的に確認する

人も健康診断を毎年行うことで、病気の予防をすることができます。会社も同じように毎年、決算診断により病気状態にならないための早めの処置を行えるのです。「決算診断提案書」によって会社のホームドクター的役割を担うことができるのです。

「決算診断」提案書の構成・内容

「決算診断提案書」は会社の抱える問題に応じて、資金面が問題であれば、キャッシュフロー診断を全面に出した提案、一般であれば損益計算書・貸借対照表分析を中心にした提案、また小企業へはポイントを絞り込んだ提案といったように、会計事務所の顧問先すべてに対応できます。

  1. 決算の解説と診断
  2. 総合診断
  3. 6要素による診断
  4. キャッシュフローと診断活用データ
  5. 会社存続のための売上・利益
  6. 今期にあたって

※決算の解説と診断では、収益性・生産性・資金性・安定性・健全性・成長性の6要素による診断を行います。これは当社で長年培ってきたノウハウから生み出されたものです。

2.「マネージメントパワー」提案書

経営の成果である決算書の数字をつくり出すのは社長です。社長の経営に対する考え・行動の結果が決算書に表れるのです。毎年一回、社長の経営力(=経営に対する考え・行動)がどのようなものかを社長ご自身に見つめ直していただくことが重要です。会計事務所がホームドクターとして社長に問診と同じ効果を生みだせるものが「マネージメント・パワー」です。

●社長自身、●顧客(マーケティング)、●商品(サービス)、●人材、●成長性、●財務、●危機管理、●経営管理の中小企業の社長にとっての経営力をみる最適な8要素について、一年間の経営活動を振り返って自己評価により、自分に経営力の強み・弱みを把握し、改善ポイントを提示します。

「マネージメントパワー」提案書の構成・内容

総合診断

マネージメントパワー提案書

要素別診断

8要素診断内容

アンケート結果


▲マネージメントパワー提案書

3.「事業計画」提案書

会社の課題が明確になっても、解決していかなくては改善は図れません。そのために「決算診断提案書」と「マネージメントパワー」で会社の現状把握をし、そのソリューション(解決)を「事業計画」で策定していきます。

この策定を社長と一緒に会計事務所が行うことにより、身近な存在の相談役となり価値が高まってきます。

企業が成長するためには、しっかりした明確な目標を設定すること、目標を確実に達成するための綿密な事業計画が必要です。会社の経営理念・経営ビジョン・将来展望といった、「事業計画」の提案に必要な要素の設定を、「社長の四季」がバックアップいたします。

「事業計画」提案書の構成・内容

この提案書(計画書)は以下の構成等になっています。

事業計画提案書

※「決算診断」提案書のデータから連動で、簡単なシミュレーションにより、「事業計画」提案書が策定できます。

※「事業計画」は「社長の四季」のオプション機能です。


▲事業計画提案書

4.「月次経営」提案書

目標と実績の差異分析から、毎月一回社長へ売上・経費・利益に対する関心を深めてもらい、目標達成への行動に結びつけていただく気付きを与えていくのが「月次経営」提案書です。

「月次経営」提案書の構成・内容

この提案書(計画書)は以下の構成等になっています。


▲月次経営提案書

5.「期中決算」提案書

期中決算提案書

目標に対しての実践の差異分析を行ない、社長が立てた目標が必達できるための提案をしていきます。

「期中決算」提案書により、目標と実績のチェックし、目標必達のための具体的な方策を社長へ提案します。

会計事務所が身近な存在の相談役として的確なアドバイスを行うことにより、一層信頼関係が高まってきます。


「期中決算」提案書の構成・内容

期中決算報告

残期間予測


 ▲期中決算提案書

今期決算

6.「決算事前」提案書

決算事前提案書

企業経営の一年の締めくくりの「決算」が到来する前に予想決算により、予想決算診断をご提案し、赤字決算が予想されたら銀行対策等を提案し、黒字決算が予想されれば予想納税額なども算出、決算事前に有効な節税策もご提案していきます。


「決算事前」提案書の構成・内容


▲決算事前提案書

今期決算予測

節税対策の検討

決算診断システム『社長の四季』 の動作環境と製品仕様

 『社長の四季』動作環境/製品仕様

 

充実したサポートで、より効果的な決算診断を
提案できるようになります